DOMAINE LEROY

ブルゴーニュ1ともいわれる天才的なテイスティング能力を持つラルー・ビーズ・ルロワ女史が1988年に興したドメーヌ。

メゾン物と区別しやすいように通称「赤キャップ」と呼ばれるキャップに、ラベルは「Mis en bouteille au Domaine Leroy Vosne-Romanee (Cote-d'Or)」と記される。いち早いビオディナミ農法の導入、徹底的こだわった栽培方法、驚くほどの低収量で至高のブドウのみを使ったワイン造りはDRCに匹敵するクオリティーと賞賛を受け、1993年にはワイン評論家ロバート・パーカー氏がルロワのワイン3本同時に100点を付けるという快挙を成し遂げ、その名声を不動のものにした。

目次