ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ラ・ロマネコンティ
DOMAINE DE LA ROMANEE CONTI LA ROMANEE CONTI - 1999 
3,300,000円(税込)
注文する
閉じる
生産者について
- ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ
DOMAINE DE LA ROMANEE CONTI
神話的存在、世界最高峰のドメーヌ。 「世界で最も高価なワイン」「世界で最も探されているブルゴーニュ」の常連。理想的なテロワール、ビオディナミ、馬を使った耕作、造り手の数知れぬ努力によりヴィンテージによるばらつきの無い最上のエレガンスを生み出す。自社畑である計28ha全てがグラン・クリュ、ラ・ターシェとロマネ・コンティはモノポール畑。高樹齢で低収量だが厳しい選別を行う妥協なき姿勢が安定した高品質を保つ。伝統的な醸造スタイルで全房発酵比率は60%以上、熟成は新樽100%。
タイプ赤ワイン
生産国フランス
品種ピノ・ノワール
ヴィンテージ1999 
容量750mL
生産地
- ヴォーヌ・ロマネ
VOSNE ROMANEE
「神に愛された村」、8つのグラン・クリュは「ブルゴーニュの輝く宝石」と讃えられ、世界で最も高価なピノ・ノワールを産出するヴォーヌ・ロマネ村。世界中のワイン好きを魅了し続けるこの珠玉のアペラシオンは高値で取引される。土壌は石灰質で厚みがなく痩せていて、石灰岩と粘土と礫がバランスよく混じり、水はけが非常に良く、村全体が東南を向いた傾斜で万遍なく十分に日照量を確保することができる為、一貫して風味豊かで上質なワインを生み出す。1395年、ブルゴーニュ公国を統治していたフィリップ2世により「ガメイ種禁止勅令」が出された事から、この地はピノ・ノワールの一大産地となった。